« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/31

《 目の覚めるような・・・ 》

Agisai011sz470

目の覚めるような・・・の、表現は この花には合わないかも知れませんが・・・
また、この花の季節が、巡って来てしまいました。

今年は、早々から いろいろありまして 当ブログ、休みが多かったのですが
5月は、ヨロケながらも、何とか皆勤出来ました。

これもみな、コメントを頂く、皆様方の お力添えがあったから・・・
心より お礼を申し上げます。


(ゝvб)


| コメント (4) | トラックバック (0)

《 白い訪問者! 》

Hitoriga001sz470

何時もの、踊場に、昨日は「白いお客さん」が来ていました。
調べてみると、どうも「ヒトリ蛾」の仲間で
<アカハラゴマダラヒトリ>か<キハラゴマダラヒトリ>の、どちらかのようです。
判断の決め手は胴体の色で、突っつけばすぐ分かるのですが
良く眠っているようです。
そっとして置きましょうか・・・・・


(ゝvб)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/30

《 何とか間に合った! 》 2

Karasumugi001sz470_1

何時もの公園へ急な階段道を登って行くと
毎年、<カラスムギ>が風に揺れる草むらがあり
花は、4月の末に撮ってあったのですが、実りを待っていました。

昨日、暫くぶりに登って行くと
白く揺れる包頴(ほうえい)の中は、既に、ほとんどが空っぽ!
種入りを散々探し回って何とか撮った画像です。
花の時期は真っ直ぐだった芒(のぎ)が
実りとともに「くの字」に曲っています。
おそらく何かの意味があるのでしょうが???

  カラスムギ <烏麦> イネ科 カラスムギ属

Karasumugi002sz400_1


(ゝvб)

| コメント (10) | トラックバック (1)

2006/05/29

《 何とか間に合った! 》

Niwazekisyou001sz470
                         横浜市 三ッ池公園

日差しの下で開花し陽が傾くと萎んでしまう、この花には
夕方の散歩が中心の爺は、なかなか合えなかった。
今日は、少し早めにでかけたお陰で、何とか間に合った。

昨年出来たこの斜面では、草花の攻防が激しいようで・・・
今年は、<ハナヤエムグラ >に替わり
芝の中に、この花が咲き競っている。

  ニワゼキショウ<庭石菖>  アヤメ科

(ゝvб)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/28

《 開かない花! 》

Nawasiroitigo001sz470


雨の合間の、公園の斜面で、地味で小さな花が咲いています。
2・3年前から「これは、もう咲き終わった物」と思い込み
開いている花を探していました。

今年も「蕾と花殻だけか・・・・」「・・・・・ン?!?」
試しに接写してみると「花弁が開かない花!」と判明しました。

老眼のウオッチングて、こんな程度かと・・・とても、めげたのですが
気を取り直して・・・やがて実る「小さな小さな苺」を楽しみに待ちます。


 ナワシロイチゴ <苗代苺>  バラ科 キイチゴ属

Nawasiroitigo002sz470

(ゝvб)

| コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/27

《 シンキロの肖像! 》

Nora201sz470

前稿と同じ南門の広場です。
ちょっと「お澄まし!」しているのは<シンキロ>くんです。

彼は、デビュー以来、公園のあちこちを放浪していたのですが
前稿の<グリス>ちゃんが、来てからは、ここに住み着いています。

この、とても仲の良いカップルの幸せが
いつまでも、続きますように・・・・・

Nora200sz470


   <公園のNORAリスト>は、ここから、ご覧ください。
      (なお、猫達の名前には、このブログ用に爺が
        勝手に付けた物も多く含まれております。)

(ゝvб)

| コメント (0) | トラックバック (0)

公園のnora リスト 24 ・・《 グリス 》

Nora198sz470

ここは三ッ池公園の、南門の広場
<ヤマボウシ>下のベンチに掛けると
横のブッシュがガサゴソして、この子が出てきて「ニャ~ゴ!」

若い雌猫で、確か寒い時期のデビューと記憶しています。
最初は<小さく!汚く!ガッガツと・・!>でしたが
今では、オドオドしていた目も、落ち着きを取り戻し
しかりとした眼差しで見詰め返してくれます。

この南門の近くには、長年熱心に、たくさんの公園猫の
支援活動をしてしていらっしゃる方が住んでおられ
この子の避妊手術も、もう済ませて下さったそうです。

Nora199sz470

  <公園のNORAリスト>は、ここからご覧ください。

     (なお、猫達の名前には、このブログ用に爺が
      勝手に付けた物も多く含まれております。)

  ◎「つるみ・地域猫をすすめる会」のブログに
    《 里親さん募集!》の記事があります。
             http://car-free.cocolog-nifty.com/neko/


(ゝvб)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/26

《 咲き遅れて・・・ 》

Nhinagesi001sz470


日暮れも近づいた、曇天の公園で
仲間は、みんな、実りの季節を迎えて「緑の頭」を並べているのに
咲き遅れたか・・・オレンジ色の花が一輪ポツンと咲いています。

見飽きた花なのに・・・
今日は なんか心に染みる色に見えてカメラを向けました。

    ナガミヒナゲシ <長実雛芥子>  ケシ科

  この草は、とても逞しいのに「一日花」と、聞きますが・・・
  この花は「咲きかけ」にも、「散る寸前」にも
  見えてしまって・・・どちら なのでしょうか?


(ゝvб)

| コメント (0) | トラックバック (0)

《 見ぃ~っけ! 》

Kamemusi001sz470_1


夕暮れの三ッ池公園で、思わぬ出会いがありました。

今年は、花の少ない<ヤマボウシ>の下を通ると
花の一つで、何やら虫くんが・・・お食事中!?
2mをこす高枝の花で、つま先立っても「目と口」が撮れず残念!

   <アカスジキンカメムシ>  半翅目キンカメムシ科 (成虫)

昆虫の多くは成虫になるまでに、何回も華麗に変身する者が多い
この虫の5齢幼虫の可愛い姿を長野の<菘(すずな)新>さんが
載せていらっしゃいます。
ぜひ、ご覧ください。


Kamemusi002sz470


(ゝvб)

| コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/25

《 迷う花が、また咲き出して・・ 》

Komatuyoigusa005sz470

今年の春は、何やかやと、お籠り続きで過ぎ去って
気が付けば、もうこの花が咲く季節・・・・・
一年経っても、まだ自信が持てないのですが・・・

  コマツヨイグサ <小待宵草>  アカバナ科

 昨年の関連記事<マツヨイグサ?オオマツヨイグサ?それとも・・>


(ゝvб)

| コメント (0) | トラックバック (0)

《 近づけばチャーミング 》 12

Hahakogusa001sz470

ネタの仕入れ不足で、苦し紛れにちょっと気取ってみましたが・・・

若菜を草餅に使うと
香りはヨモギには劣るが、とても鮮やかな緑が楽しめるとか・・・

  ハハコグサ<母子草>  キク科

(ゝvб)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/24

《 お喉、かいて!かいて! 》

Nora197sz470

前稿の続きです。

キロと爺の間に割り込んで来たのは、一つ年上の雄猫
短足の「タンタン」言、「クロ」です。

1年ほど前までは、爺に寄り付かなかったのですが
今は見つけると、遠くからでも、チョコチョコト寄ってきて、ゴロゴロと転げ周り
「遊んで!遊んで!お喉、かいてよ~!」を始めます。

雌猫達の多くは、お腹が満たされると
掌を反すように、スゥーと何処かに行ってしまうのですが
雄達の多くは、留まって「遊んで!遊んで!」と・・・・・


  タンタンの関連記事もどうぞ・・・ 
      《えッ!どうしたの?》
      《はーい!撮りますよ~!》
      公園のnora リスト 9 《 タンタン 》!


(ゝvб)


| コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/23

《 立派になったね! 》

Nora196sz470

前稿の<キロくん>の続きですが・・・
 (夕暮れ時は、発色が不安定で、まるで別猫のように
 見えますがこの画像の色の方が忠実です。)

三週間ぶりのキロくんは、すっかり大人ぽくなっていて
気品さえ感じる立派な青年になっていました。

カラスとワンくんと、子供達に追いかけられて、逃げ回っていた
あのチビが・・・・と、ちょっとジィーンとしてしまいました。
これも、献身的な<継母モクさん>と、お世話して下さる
餌やりさん達のおかげなのです。

  <キロくんとの出会いまで、ここから遡れます。>
   ぜひ、ご覧ください。

(ゝvб)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/22

《 キロくん!お尻治った? 》

Nora195sz470

昨日、心地よい初夏の風に誘われて
3週間ぶりに、三ッ池公園まで散歩しました。

日暮れまで人出が多くて・・・
会えたnoraは少なかったのですが、花の広場で
お尻の怪我も治った<キロくん>に会えました。

  キロの関連記事は 《 甘え過ぎ!だってば! 》から、ご覧下さい。


 ◎餌やりさんとお会いできまして
  下記の「ノラ猫支援(管理)活動」の情報を頂きましたので
   ご紹介致します。

       《つるみ・地域猫をすすめる会》
   http://car-free.cocolog-nifty.com/neko/

(ゝvб)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/21

《 久々の遠い夕雲の・・・ 》

Yuuzora033sz470

「予報どうりの通り雨」が過ぎた夕暮れ時・・・
「期待どうり」とは言えませんが、久々に「華やぐ夕空」に
ポツポツと来る、残り雨に打たれながら
ベランダに出てカメラを構えました。

振り返ると、東の空には
微かな虹色が・・・・・

Yuuzora034sz470


(ゝvб)


| コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/20

《 ガード堅くて近づけず・・・ 》

Potato001sz470

前稿の続きです。

舗装路に出て暫く行くと、ジャガイモ畑に出ました。
お目当ての「ジャガイモの花」は、もう残り少なくて
その上「フェンス」に守られていて近づけません。

この辺の農地は作物ばかりか園芸用に「畑土」も狙われるとか・・・
車の入れる道路に面した畑には立派な高いフェンスが続きます。

3m程も離れての望遠接写で粗いのですが
ziiには、遠い日の「父の菜園の風」を感じる花なのです。


(ゝvб)

| コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/19

《 小さいポピー畑が・・・ 》

Poppy001sz470

通院の帰り道、久々の晴れ間に
バス停を一つ前で降り、少し回り道して帰りました。

点在する農地の中を行くと、重く垂れ込めた空の下に
小さいポピー畑が・・・

Poppy002sz470

(ゝvб)


| コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/18

zii の《 お絵かき! 》 6

Zareiro013sz470

雨の日は・・・
通院ついでの寄り道も出来ず、デスクの上で、また戯れ事などを・・・


(ゝvб)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/17

《 お見舞いにきたの? 》

Kusakagerou001sz400_1

たまには、郵便受けまで下りてみようと
玄関のドアを開けて、4日ぶりに外に出て・・・
階段を降り始めると踊場に、この子が待っていました。

昨年は、ここで<ウスバカゲロウ>に会っています。
どうも<クサカゲロウ>の1種らしいのですが?
どれも良く似ていて断定しにくい・・・

 <ヨツボシクサカゲロウ>
節足動物門>昆虫綱>有翅昆虫亜綱>アミメカゲロウ目(脈翅目)
>アミメカゲロウ亜目(扁翅亜目)>クサカゲロウ科 のようです。

 (良く似た仲間には<ヤマトクサカゲロウ><クモンクサカゲロウ>
  <クサカゲロウ><アカスジクサカゲロウ>などがいます。)


(ゝvб)

| コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/16

《 青い春の うねり! 》

Mugikusa001sz470

この若い穂の、豊かに長く伸びた芒(のぎ)が
陽光の中で、風に波打つのを見るのが大好きだ。
遠い日の「父の菜園の麦のうねり」に思いを
誘うのかも知れない。

ただ残念なのは、2週間もすると、「黄金の実り」ではなく
「みすぼらしい枯れ草」に見えて来る事だ。

 ムギクサ <麦草> イネ科


(ゝvб)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/15

《 草むら では・・・ 》 2

Zyunihitoe001sz470

昨年は<キランソウ>に何回か会えたのですが
この春は・・・ついに会えずじまいです。

ところが、春も終わりの先日、獅子ヶ谷市民の森で
ご親戚の「大柄でシックな色白美人」に出会えました。

 ジュウニヒトエ <十二単>  シソ科 キランソウ属

Zyunihitoe002sz470


(ゝvб)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/14

《 草むら では・・・ 》 1

Haruzion005sz470

雨の降らない一日でしたが
調子が出ぬままに、相変わらずの「お籠り」でして
カメラを手にベランダに出ても、シャターを切る気がおきないままで・・・
仕方なく、敗者復活画像を見繕って、引っ張り出してきました。
申し訳ございませんが、10日遅れの画像が続きます。

 ハルジオン <春紫苑> キク科


(ゝvб)

| コメント (0) | トラックバック (0)

zii の《 お絵かき! 》 5

Zareiro012sz470

また、今日も・・「お籠り」の戯事なのですが・・・


(ゝvб)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/13

zii の《 お絵かき! 》 4

Zareiro011sz470

今日も・・戯事の続きなのですが・・・


(ゝvб)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/12

zii の《 お絵かき! 》 3

Zareiro010sz470_3

雨の日の、デスクの上の戯れ事は、雨色を足しては、また引いて・・・

(ゝvб)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/11

《 穏やかな夕暮れ・・・ 》

Nora194sz470

暗闇迫る水際で、<チョビ>とカラスが向かい合っています。

カラスはチョビを、なめていて、平気で食事を続けています。
チョビも水の中まで追いかける気などなさそうで
猫のプライドがそこに立たせている・・そんな・・・
みょうに穏やかな時間が流れています。


(ゝvб)

| コメント (4) | トラックバック (0)

《 シャガ!シャガ!の坂! 》

Syaga001sz470

獅子ヶ谷市民の森の外周を回る散策路
農地の中を通るルートを何時ものように下り始めると
谷底に広がる農地を挟んだ向こう側の斜面に
何やら・・白い花の群生が見える、道を戻って回り込んで
北東に面した階段道を降りてみると
シャガ!シャガ!シャガ!が迎えてくれました。

Syaga002sz470


(ゝvб)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/10

《 綱渡り! 》

Tunawatari001sz470_1

昨日の朝、ふと窓の外を見ると、この光景が飛び込んできた。
送電線の「保守点検」?それとも「お掃除」?!?!
我々のライフラインを守るお仕事!・・本当に「ご苦労さんです!」

Tunawatari002sz470


(ゝvб)

| コメント (6) | トラックバック (1)

2006/05/09

《 よくお会いしますね・・・ 》 3

Tagarasi001sz470

せせらぎ緑道では、春早くから咲いていて
公園でも湧き水のある湿った土地には必ず見かけていたが
なぜか、いつも、もう一歩近づけずで・・・
この日も橋の上から、せせらぎに身を乗り出しての一枚。
もう一歩近づきたかった!

 タガラシ <田芥子>キンポウゲ科 キンポウゲ属
       別名:田辛子・田枯らし


(ゝvб)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/08

《 やっと見つけたぞ! 》

Sitifukuzin001sz470

先日の散歩で拾ったこの画像、UPするだんになって名前が・・・?
権威のありそうな多肉性植物のサイトを、2時間も泳ぎ廻ったが
確証が掴める画像に出会えない。
苦し紛れに園芸植物サイトを覗いたら、一発でぶち当たった!
「この手の花は園芸物に決まっているだろうが!」
ボケが確実に進行しているようです。

 エケベリア・セクンダ (Echeveria secunda) ベンケイソウ科 エケベリア属
    園芸名: <七福神 >


(ゝvб)               

| コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/07

《よくお会いしますね・・・》 2

Kanamemoti001sz470

公園への散歩道には春先から赤い新芽を競う、生垣が数箇所あります。

赤い若葉が、緑に変わって・・あちこちで花が咲きだしました。
その中で、最も見事なのが、この中学校の生垣で
数メートル超えろ高木も混じり見事な花をつけます。

 カナメモチ<要黐>  バラ科

Kanamemoti002sz470


(ゝvб)

| コメント (2) | トラックバック (0)

《 不機嫌な訳では・・・ 》

Nora193sz470

三ッ池公園の公園猫のボス的存在だった<ゴン>
オヤツを食べ終わると、すぐお気に入りの大丸太に戻って
こんな視線を返してきた。

歳のせいなのか、ここのところ精彩が無くて・・・
女・子供の後から食事する事も多い。
嘗ての彼を知る爺達は、身につまされてか
淋しがります・・・・・


(ゝvб)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/06

< ボケちゃったー! >

Nora192sz470

パッチにカメラを向けるのは、一月ぶりでしょうか・・・

散歩に出る時は何時も「必ず!左手にカメラ!」なのですが
体調不良だと、ただの「アクセサリー!」になってしまいます。

オヤツの後 カメラを向けると、トコトコと近寄って来ます・・・
「あっ!動いちゃダメ!あ~あ・・・ボケちゃった!」

ボケたついでに、強調処理など・・してみました。

(ゝvб)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/05

《 淡蒼き霞の如き君なりき 》

Nodisya001sz470

何とか散歩を再開して・・・
先ず のめり込んだのが、「キユウリグサ」より、さらに小さい、この花
夕暮れの草むらに、僅かに蒼い霞のように漂っていました。
四・五日も 通って撮ったのですが
陽が翳ってからの画像が・・僅かに残りました。

  ノヂシャ <野萵苣> オミナエシ科 ノヂシャ属
       ヨーロッパでは有名な野菜。日本では雑草扱いでしたが
       最近「マ-シュ、コーンサラダ」の名でサラダ用野菜として
       栽培されている・・・とか

Nodisya002sz470

Nodisya003sz470


(ゝvб)

| コメント (6) | トラックバック (1)

2006/05/04

《 よくお会いしますね・・・ 》 1

Amerikafuuro001sz470

前稿の、銀杏の雄花の残骸から 少し離れた植え込みの縁で
前から気になっていた、花に出会いました。

いつも近所で見ている花と比べると
花も葉も「1.5倍も大きく、花色も濃い!」のです。
ここは東京都港区の幹線道路囲まれた一画で・・・  
これって!?
都市温暖化が??? 
排気ガス中の窒素酸化物が肥料に??? 
・・・などと
素人の「?」が、やたら駆け巡る!

 アメリカフウロ <亜米利加風露>フウロソウ科  原産地:北アメリカ・・とか


(ゝvб)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/03

《 毛虫の集団自殺!? 》

Ityonohana001sz470

自然教育園を出てしばらく行くと

街路樹の根元で
「カーペット!?」のような・・・
「毛虫の集団自殺!?」のような・・・
物体に出会った。

 正体は<銀杏の枯れ雄花>でした。


(ゝvб)

| コメント (2) | トラックバック (0)

《 新緑が主役! 》

Meyabumao001sz470

まだ続く・・自然教育園です。

この季節の主役は、何と言っても「新緑!」
湿地で、飛び切り!の新緑に会いました。
すぐ「爺草ぁ~婆草ぁ~」になるのに・・・やけに張り切っています!(僻み・・かぁ~!)

上の草は「しそ科?」と園内探し回って見つけた「立て札」で・・・

  メヤブマオ<雌藪苧麻>  イラクサ科 (らしい・・)

下のシダ類は、立て札見つからず・・・「爺の薄識」が露見して・・・・・

  ○○○○<○○○○>  ○○○○科 (残念・・・)

Sida001sz470


(ゝvб)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/02

《 苦手な花! 》

Murasakikeman001sz470

自然教育園の続きです。

林の中で、あの、紫の「苦手な花!」に出会いました。
あちこちで、何回も、この花を撮るのですが
いつも、ボケボケです。

薄暗い所で咲いているのと
花序の奥行きが、かなり深いからかも知れません。
それに、この花の色と質感が、爺の旧型デジカメの
オートフォーカス機能を狂わすのかも知れません。

つぎに、出会った時は、「三脚でマニアル」
それとも「ストロボ・・」と、いきますか・・・

 ムラサキケマン <紫華鬘 > ケシ科 ケマン属


(ゝvб)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/01

えぇー!どっち!?!?

Murasakisagigoke001sz470

自然教育園の続きです。

池を横切る散策路は輪切りの丸太が並べてあります。
その丸太を取り囲むように、紫の小花がたくさん咲いていました。

近くの立札には  
 ムラサキサギゴケ<紫鷺苔>  ゴマノハグサ科 
                          と書いてありました。

帰って調べてみると、確かに色は紫でも「花の形と斑の入り具合」が違うし
葉っぱの形も違います。
花の色を除けば、「トキワハゼ」の方に似ています。

 トキワハゼ <常盤爆> ゴマノハグサ科

えぇー!どっち!?!?

Murasakisagigoke002sz470


(ゝvб)

| コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »