« 《 穏やかな羊の群れが・・・ 》 | トップページ | 《 水玉の妖精? 》 »

2006/09/23

身近にあった!《幼児虐待!》

Mamakonosirinugui001sz470

いつもの、公園の区分花壇の外れで・・・
一面に広がる、タデ科の花の群生に出会いました。

うッ!これは!・・・
昨秋、自然教育園で会った<アキノウナギツカミ>か!?
と・・思ったのですが?
どうも、少し様子が違う!
もっと凶悪な棘が、茎を覆っている!

調べて見ると・・凄まじい名前が、浮かび上がって来ました!

   ママコノシリヌグイ<継子の尻拭い>  タデ科

これって!《幼児虐待!》ですよね!

<屁糞カズラ>とか<掃き溜め菊>・・・などと
近代日本の「学問や文化の黎明期」に
おそらく、俗称が、そのまま登録された「和名」なのでしょうが・・・

21世紀・22世紀・・・・と
これらも、ず~っと!この名のままなのでしょうか?

「愛しい、この花達!」に
「名誉回復!」いや「救い!」は
無いのでしょうか!!!


(ゝvб)


« 《 穏やかな羊の群れが・・・ 》 | トップページ | 《 水玉の妖精? 》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61723/12014360

この記事へのトラックバック一覧です: 身近にあった!《幼児虐待!》:

« 《 穏やかな羊の群れが・・・ 》 | トップページ | 《 水玉の妖精? 》 »