« 《三ッ池公園の春をスケッチ》 Ⅱ | トップページ | 《mokuと日記と・・・》 16-12 »

2016/04/11

《mokuと日記と・・・》 16-11

牙っ!

怖ぇ~~~~!

獣と同居してる事を思い出させられる 一瞬!

 (たかが、猫の大欠伸なのですが・・・ coldsweats01 )

                                      ↓click
Dsc03110sz1200


Dsc03111sz1200


Dsc03112sz1200
  ヤッパ 怖ぁ~~~coldsweats02


(ゝvб)

« 《三ッ池公園の春をスケッチ》 Ⅱ | トップページ | 《mokuと日記と・・・》 16-12 »

コメント

hikoziiさん、こんばんは。
mokuくん、ちょっとお気の毒^^
ほんとはずっとハンサムなのにねぇ

猫ちゃんのあくびをみるたびに、
思ったよりも大きく開くんだなぁと思います。
昔でいう口裂なんたら・・のようだと。
獲物にがぶっとかぶりついて
逃がさないようにでしょうか・・
うちの子は最初のころは
小さな乳歯のような牙だったのです。
がりがりでしたし、栄養不足だったのかも。
でも今はmokuくんには負けますが、
ふつうの牙になってしまいました^^

投稿: ブリ | 2016/04/13 00:03

ブリさん
ありがとうございます。

昨夜はお宅にお邪魔して「粗相!」をして
削除などのお手間を取らせてしまい
たいへん申し訳ございません。

横顔が尖ってる動物が大口開けても
「さもあらん、さもあらん」と納得しますが
丸くて、どちらかと言えば扁平な猫の顔が ここまで裂ける!と・・・
もう ziiは「神々しさ!」さえ感じてしまます!

小柄な猫がここまで生き延びたのは、「媚る」だけではなく
もしかすると、この口のせいもあるかも?
なんってね・・・

投稿: hikozii | 2016/04/13 20:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 《三ッ池公園の春をスケッチ》 Ⅱ | トップページ | 《mokuと日記と・・・》 16-12 »